bread house Bamboo

~常にこの記事が一番上に来るように設定しています。
日々の記事はこの下をご覧下さい。
最新情報は、facebookに投稿しています。合わせてご覧ください~

bread house Bamboo
TEL&FAX:075-495-2301
★通販ページを作りました!こちらよりどうぞ。
https://bhbamboo.base.shop/

2018年1月より、
水~日曜日、
6~17時の営業となりました
(定休日……月・火曜日)。


住所:京都市北区紫竹下竹殿町16
 京都市営地下鉄北大路駅、北山駅よりそれぞれ徒歩20~30分 
 市バス46番上賀茂神社行き「下竹殿町」下車すぐ、または
 市バス37番または9番西賀茂車庫行き「下岸町」下車徒歩5分 

※下竹殿町のバス停で降りた場合は、西側(バスが来た方向)に戻り
  すぐの信号を渡り直進し3軒めです。
※下岸町のバス停で降りた場合は、
  北側(バスが進んでいった方向)に進み
  すぐの交差点(堀川玄以)を左折し一つ目の信号をめざして歩き、
  信号を渡り道路(玄以通り)の北側3軒めです。

☆900円以上お買い上げの方に近隣コインパーキングの
 サービスメタルをお渡しいたします。
 対象パーキング・・・お店の西側すぐ「パークスペース大宮玄以」
         &大宮玄以北東角「フルーツパーク大宮玄以」

☆お買い上げいただいたパンは、
2軒隣の妃屋さん~オーダーメイド革製品&マクロビおやつ&カフェ~で
1ドリンクオーダーの上お召し上がりいただけます。

[PR]
# by matsuhaisui | 2018-12-31 23:58 | お店のこと

美味しさ満喫

知恵光院下立売、
山中油店さん向かいにある、
イタリアンの酒酪菜HANAMITSUさん。
この度、ランチを始められました。


メニュー表にあるパスタかリゾットから選べます。
今回、イカが好きな私は、迷わずこちら!
イカスミのスパゲッティニ
a0196148_16421578.jpg

もう自分がボキャブラリーを持ち合わせていないのが
ただ悲しいのですが
(そして写真のセンスもゼロで)、
本当に美味しかった。
美味しい、っていう言葉は
こういうときに使うべきだ、
日頃乱用してはいけないな‥、
と感じた時間でした。

パスタまたはリゾット
(私が伺ったときは合わせて10種類以上から選べました!)に、
サラダ、スープ、食後の飲み物つきで、
概ね1000円代後半
(デザートも別料金でいただけます)。
希望すれば、
マダムお手製のパンもいただけます。
修行中なのでお代はいただかない!と
仰っておられますが、
いやいや、美味しかった😊

ミニサラダは
全然ミニじゃないサイズで、
いんげん豆のスープも
具沢山&素材の旨味満載で、
一口一口に恍惚。
ランチでこのスープいただいちゃって
本当にいいのですか‥焦、という。

ベテラン松原シェフの
美味しいお料理を
お昼に気軽に味わえるという贅沢。
予約不要でふらっと伺っていいのも
ありがたいです。

シェフとマダムの想いとお人柄が
よく現れている
素敵なランチが始まりました(^^)

(ちなみに、おふたりから聞いた、
家族で食べるからあげの量に驚愕しました‥
もも肉何枚揚げるんですか?と
聞いてみてください💦)

[PR]
# by matsuhaisui | 2018-05-16 16:31
春よ恋の湯種食パン。
a0196148_00421536.jpg
いつの頃からか、
バンブーの一番人気商品になりました。
北海道産小麦“春よ恋”に、
同じく北海道産の小麦全粒粉を加えて作った、
もっちりとしていて甘みのある食パン。
焼かずにそのまま食べても
十分美味しいこの食パンは、
老若男女から愛されています。
湯種(ゆだね)製法で作っています。

‥でも‥湯種と言われても、
よくわからないですよね^^;

粉と熱湯を合わせて混ぜます。
a0196148_00424083.jpg

a0196148_00430036.jpg

a0196148_00432311.jpg
すると、おもちのように、
それはそれはもちーーーっとなります。
この、もちーーーっとなったものが“湯種(ゆだね)”。
これを、一晩寝かせて、
翌日、生地に混ぜることで、
甘みともっちり感が引き出されます。
そして、老化を遅らせます。
確かに、湯種食パンは、
焼きあがった翌日や2日後でも、
それなりにもっちりしっとり感が続きます。
この湯種のおかげなんですねー。
オモシロイ。

さて、先日、
ありがたくもしれっと7周年を迎えました。
周りの皆々様の日々のご支援に深く感謝しています。
本当にありがとうございます。
そして、
これまでやってこれたのは、
店主の頑張りがあってこそ。
ありがとう!!
決して体が丈夫とは言えず、
体にトラブルを抱えまくりーーの店主。
この7年の間にすでに大病も休業も
経験してしまいましたが💦
見直しの機会をいただいたおかげで、
今は倒れる前より
いいバランスで働けるようになっている気がします。

自分たちのベター、ベストを探りながら、
これからもバンブーの歴史を
積み重ねていけたらいいなあと思います。
当たり前に思える日常を繰り返せることの幸せを
忘れずに(倒れてから切に感じる💦)。。
8年めもどうぞよろしくお願いいたします😊

[PR]
# by matsuhaisui | 2018-05-11 00:38 | お店のこと

「もったいないセット」

今日は30度!
春を通り越して初夏のような週末でした。
こんな暑い日でも、
春のシュトレンとして作った
紅茶とレモンのシュトレンがたくさん旅立ち、
今日でいったん売り切れとなりました。
ありがとうございました。
第二弾ができ次第、また並べます。

そんなシュトレンについても、
実は地味〜に販売しているBASEの通販ページ。
密かに少しずつ、手を加えています。

単品の掲載を少しずつ増やしているのと、
ひとつの目玉といえるのが、
「もったいないセット」の掲載です。
フードロスをなくす取り組みの観点から、
売れ残ったパンを集めて冷凍し、
お届けするというセットで、
大変お得になっています。

パンは生鮮食品なので、
基本、毎日閉店後に売れ残りは処分します。
ロスは以前に比べたら今はずいぶん減らせましたが、
それでも全く出ないわけではない。
この、
まだ食べられるのに
売れ残りを処分せざるを得ないというのは
ただ辛く、やるせないです。
突き詰めて考えるにはしんどすぎて、
逃避したくなる課題……。
そんな、行き場のないパンたちが
喜ばれて迎えてもらえる機会が作られれば、
という願いを込めて、
このセットを考えました。

不自由や制約がいろいろあるので、
それらをご理解、ご協力いただく
必要は出てくるのですが、
それでもいいよーという方は
ぜひ一度お試しいただければ
嬉しいです(^^)

ところで、今月に入り、
私は久しぶりに大きく体調を崩しました。。
肩凝り、頭痛、悪寒、発熱、めまい、吐き気……💦
体調管理についていろいろ見直す機会になり、
いくつかマイルールを作りましたと。
・朝起きたらヨガとラジオ体操をして体をほぐす
・睡眠と栄養を意識してたくさんとる
・冷えを放置しない
(この度、ネットで評判の腹巻きパンツや
レッグウォーマー、貼るお灸、
ヨモギ蒸しパッドなどを大人買い  ̄▽ ̄)
など……

悲しいかな、
5年前は気力で乗りきれていたことが
乗りきれなくなってきた自分の体。
加齢の残酷さ……😱
まわりに迷惑をかけないよう、
体調管理に励むことを誓う今年の春でした。


[PR]
# by matsuhaisui | 2018-04-21 23:50 | Bambooのパン

貴重な土曜日

今年もこんな季節に。
ご卒園、ご卒業を迎えられた皆様
おめでとうございます。
感慨深いですね。
うちは去年、息子が卒園しましたが、
そこからの一年が
ビックリするくらい早かったです。
卒園式とか入学式が、大袈裟ではなく
本当にまるで昨日のことのよう……
どういうことなんだろう。。

保育園で卒園式が行われる土曜日は、
在園児の保育がなく、
やんちゃ2歳がいては仕事ができません💦
思いきって諦めて、子どもたちと遊ぶ一日。
土曜日にこんな風に穏やかに
子どもと過ごせるなんて、
とーーっても貴重。
世のご家族はこんな風に
週末を過ごしているのかーと
新鮮に感じ入ります。
一週間のうち断トツで多忙な土曜日を
とうちゃんがひとりで営業していることは、
できるだけ考えない……
考えても仕方がない……m(__)m

まずは公園で遊んで、
そこからバスに乗って
お目当てのお店にランチへ。

下鴨本通りの南東にオープンされた
バリカフェ&ヨガスタジオのクララクシュミーさん。
御園橋通りのおうちごはんくらさんが
業態を変えてオープンされたお店。
a0196148_03123254.jpg

アボカドやテンペ、パクチーなどなど入った
サラダ丼みたいなのを、
好みでピーナッツペースト?を混ぜて食べる。
子ども、テンペを取り合いする……
はい、揚げ物は正義。
ヨガスタジオ、自然光が入る広々空間で
とっても気持ち良さそうでした😆
オーナーさんのお人柄からして、
メニューもお店も
これからどんどんバージョンアップ
していきそうで、楽しみ☺

[PR]
# by matsuhaisui | 2018-03-25 02:50 | つれづれ

京都市北区にあるbread house Bambooの日記。2018年1月より、水~日曜日、6~17時で営業しています。


by matsuhaisui